今回は、小学校1・2年生のお子さんに最適なバットの長さや重さをご紹介します。

小学校1・2年生だと、まだ体格や筋力も少ないため、サイズのあっていないバットを選んでしまうと上手にバッティング練習ができなくなってしまいます。

今回の記事でお子さんに最適なバットを見つけましょう!

小学校1・2年生(身長110cm〜120cm)に最適な少年野球用バット

小学校1・2年生のお子さんには、

  • バットの長さ:63cm〜68cm
  • バットの重さ:350g〜400g

こちらを目安にして選んであげましょう。

小学校1・2年生のバットの長さ選び

メーカーによってバットのサイズ設定が異なっている場合がありますが、小学校1・2年生のお子さんに最適なバットの長さは、

63cm、65cm、68cm

この3つを目安に選択していただくと良いでしょう。

少年野球用バットサイズの目安

少年野球用バットの長さは、約60cm〜80cmまでの幅があります。バットは長くなるほど遠心力が大きくなるため、バットを振るためには筋力が必要になってきます。

また、背丈に合わないほど長いバットを選んでも、バットにボールを当てることができないでしょう。特に低学年のお子さんにはバットの長さ選びは重要です。

身長 バットの長さ 参考学年
110cm〜120cm 64〜68cm 小学1〜2年生
120cm〜140cm 70〜76cm 小学3〜4年生
140cm〜150cm 78cm 小学5〜6年生
150cm以上 80〜82cm

小学校1・2年生のバットの重さ選び

バットの重さに関しては、バットの長さに応じてある程度決まっています。基本的にはバットが短い方が軽く、長い方が重くなります。

バットの重さ選びは、お子さんの体格や筋力に合わせるのがいいでしょう。ここでは、小学校1・2年生のお子さんの身長は110cm〜120cmを想定しています。

身長110cmのお子さんの場合

身長110cmのお子さんの場合には、

  • バットの長さ:63cmもしくは65cm
  • バットの重さ:350g前後

こちらを目安にしていただくと良いでしょう。

※メーカーによってバットの長さの設定が異なりますので、実際の商品をよく確認してください。

身長120cmのお子さんの場合

身長120cmのお子さんの場合には、

  • バットの長さ:65cmもしくは68cm
  • バットの重さ:400g前後

こちらを目安にしていただくと良いでしょう。

※メーカーによってバットの長さの設定が異なりますので、実際の商品をよく確認してください。

小学校1・2年生のバット選びの注意点

ここまでご紹介したバットの長さ・重さ以外に、バットには次のようなタイプ分けがあります。

  • トップバランス
  • ミドルバランス

(さらに、もう一つカウンターバランスと言われるタイプもありますが、こちらについては市販されているものも少ないため、上記2つのタイプを知っていれば大丈夫です。)

トップバランスとは

トップバランスとは、バットの”重心”がバットの先端にあるタイプを表しています。これは、バット全体の重さではなく”重心”というのがポイントで、重心がバットの先端に行くほどバットを振った時に遠心力が大きく働きます。

遠心力が大きくなるほど力強いバットスイングになるのですが、遠心力に負けない強い筋力も必要になってきます。

そのため、一般的には筋力が強いホームランバッター向けと言われています。小学校1・2年生のお子さんの場合、まだまだ筋力は弱いため、トップバランスはあまりおすすめできません

トップバランスについて詳しく知りたい方は、以下の「【少年野球用バット】トップバランスの選び方と人気バットを紹介!」を確認しましょう。

ミドルバランスとは

ミドルバランスとは、バットの中心付近にバットの”重心”があるタイプです。トップバランスと比較して遠心力が小さくなるため扱いやすくなります。

一般的にはアベレージヒッター向けと言われ、バットにボールを当てやすいタイプになります。(アベレージヒッターとは、ヒットを数多く打つ打率の良いバッターのこと)

筋力の弱い小学校1・2年生のお子さんにはミドルバランスのバットを選ぶことをおすすめします。

ミドルバランスのバットについて詳しく知りたい方は、以下の「【少年野球用バット】ミドルバランスおすすめ7選」を確認しておきましょう。

身長110cmのお子さんはこちら

身長120cmのお子さんはこちら

身長110cmのお子さんにおすすめのバット

  • バットの長さ:63cmもしくは65cm
  • バットの重さ:350g前後

ZETT(ゼット)「スイングマックス」

ゼットのスイングマックスは非常に軽量にできています。また、素材も超々ジュラルミン製となり、強い打球が打てる特徴があります。その他のメーカーでは400gほどのバットが多くなるため、軽量のバットならこちらがおすすめです。

素材 超々ジュラルミン カラー ブルー
長さ 65cm 重さ 380g

asics(アシックス)「ネオリバイブ ジュニア」

大谷翔平選手が使用しているアシックスを選ぶなら、こちらのネオリバイブジュニアがおすすめです。重さは400gになります。お子様が小柄だったり筋力が不安な場合は、先にご紹介しているより軽量なゼットのスイングマックスの方がおすすめです。

素材 アルミ合金 カラー ホワイト×レッド
長さ 65cm 重さ 400g

身長120cmのお子さんにおすすめのバット

  • バットの長さ:65cmもしくは68cm
  • バットの重さ:400g前後

MIZUNO(ミズノ)「ワイルドキッズ」

どのバットを選べばいいか迷った時は、シェアNo.1のミズノのバットを選んでいただければ安心です。こちらのワイルドキッズには63cmまたは65cmの設定があります。またやや重ためのバットになるため、心配な方は次にご紹介するゼットのスイングマックスが軽量でおすすめです。

素材 アルミ合金 カラー シルバー/ブラック
長さ 63cm/65cm 重さ 450g/470g

ZETT(ゼット)「スイングマックス」

軽量タイプのバットなら、こちらのゼットのスイングマックス68cmがあります。体格や筋力が不安だなと感じる場合には、こちらのバットがおすすめです。

素材 超々ジュラルミン カラー ゴールド
長さ 68cm 重さ 390g

asics(アシックス)「ネオリバイブ ジュニアS」

アシックスのバットを探している方には、ネオリバイブSジュニアの68cmがあります。重さは410gとなりますので、平均的な体格のお子様におすすめです。

素材 アルミ合金 カラー レッド×フラッシュイエロー
長さ 68cm 重さ 410g

小学校1・2年生には身長に合わせたミドルバランスのバットがおすすめ!

小学校1・2年生(身長110cm〜120cm)のお子さんには、

  • バットの長さ:64cm〜68cm
  • バットの重さ:350g〜400g

こちらを目安にして選んであげましょう。

無理をして長いバット、重たいバットを選んでも、ボールがバットに当たらないと練習してもなかなか上手になりません。ぜひ今回の記事を確認しながら最適なサイズのバットを選んであげましょう。

おすすめの記事